事務局からのお知らせ

新刊『仏典童話集「羽の水」』のご案内(本願寺出版社)

本願寺出版社より『仏典童話集「羽の水」』(文・野呂昶/絵・畠中光享)が発刊されました。
本書は「保育資料 まことの保育」(浄土真宗本願寺派保育連盟発行)に2012年から2017年に掲載された「仏典童話」が編集されたものです。
約2,500年前にお釈迦さまが人びとに向けて語られた物語の中から、現代人にも理解しやすく共感しやすい20篇が収録されております。
全体を通した2大テーマは「慈悲の心」と「智慧のはたらき」。自分の幸せよりも他人の幸せを大切にすることの尊さや、
人間が葛藤や対立を避けて平穏に暮らすには智慧を正しくはたらかせることが大切であることを、様々な具体例を示して説かれています。
子どもから大人まで楽しめるこころ温まる物語で、読み聞かせにも最適です。

『仏典童話集「羽の水」』チラシデータ

ご注文は本願寺出版社へ
フリーダイヤル:0120-464-583/FAX:075-341-7753
本願寺出版社ホームページ http://hongwanji-shuppan.com

浄土真宗本願寺派「愛唱歌の歌詞募集」について(ご案内)

親鸞聖人を宗祖と仰ぐ浄土真宗本願寺派では、2023(令和5)年に「親鸞聖人御誕生850年・立教開宗800年慶讃法要」をお迎えします。
この法要を機縁として、世代を超えて長く広く親しまれ、皆が一緒に歌って元気になれる愛唱歌の制作・発表を行うこととなりました。

龍谷総合学園加盟学園における学生・生徒をはじめ、教職員や保護者の皆さまからも歌詞を広く募集いたしたく、ご案内いたします。

 ◆「愛唱歌の歌詞募集」について ⇒  https://www.hongwanji.or.jp/news/event/000825.html

 ◆「親鸞聖人御誕生850年・立教開宗800年慶讃法要」について ⇒  https://www.hongwanji.or.jp/news/cat2/000348.html

 ※リンク先はいずれも浄土真宗本願寺派ホームページ

新型コロナウイルスの感染拡大に伴うすべての人へのメッセージポスター(宗派)

このたび、浄土真宗本願寺派(西本願寺)より、新型コロナウイルスの感染拡大に伴うすべての人々に向け、
メッセージポスターが作成されました。

下記アドレスよりダウンロードのうえ、掲示やSNSでの発信等にどうぞご活用ください。

http://www.hongwanji.or.jp/project/news/n002983.html (浄土真宗本願寺派HP内 特設ページ)

本部講師派遣制度について

龍谷総合学園では、各加盟学園において教職員・学生・生徒・保護者会を対象とした宗教教育に関する研修会の一助として、
下記要項の通り、講師招聘にかかる交通費の助成を行っておりますので、積極的にご活用ください。

◆本部講師派遣制度〔要項〕

1.目 的
 龍谷総合学園加盟校において開催される教職員・学生・生徒・保護者会を対象とする研修会等の講演講師紹介、
 及びその交通費助成を行うことにより、各加盟校の宗教教育がより推進されることを目的とする。

2.内 容
 ①助成条件について
  
・本制度での交通費支給の対象は、(1)御同朋の社会をめざす運動(実践運動) 、(2)同和・人権教育(カルト問題対策を含む)、
   
(3)その他宗教教育の推進を目的とすると認められるもの をテーマとする研修会に限る。

  ・講師を申請校で選任する場合も本制度の交通費助成は適用されることとする。

  ・申請校内部の講師については、本制度の適用外とする。

 ②講師の紹介について
  ・学園の要請に基づき講師を事務局より紹介する。

  ・講師決定後は、申請校がすみやかに講師へ日程詳細の連絡をする。

 ③交通費助成の申請手続について
  ・所定の申請用紙に必要事項を明記のうえ、龍谷総合学園事務局宛に送付する(原則として研修会開催の1ヵ月前に申請すること)。

  ・講師が当日使用する経路について、資料等があれば添付すること。

 ④交通費金額の算出について
  ・交通費は、原則として講師自宅の最寄り駅より会場の最寄り駅までの往復料金とする。

  ・交通費は、原則として講師が実際に使用する経路の鉄道の乗車料金・特急料金・グリーン料金を算出する。

  ・特に必要な場合は、バス料金を算出する。

  ・北海道所在の学園へ道外在住の講師が出向する場合、及び北海道所在以外の学園へ道内在住の講師が出向する場合は
   航空運賃を算出する。

 ⑤交付方法について
  交通費は、龍谷総合学園事務局より申請校指定の口座への銀行振込にて交付する。

3.その他
 講師への謝礼については申請学園の負担とする。

本部講師派遣申請書

宗教教育教職員研修会 開催助成金支給制度について

龍谷総合学園では、各加盟学園において教職員を対象とした宗教教育研修会の開催を推進しています。
下記要項の通り、研修会を開催された学園に対して助成を行っておりますので、積極的にご活用ください。

◆宗教教育教職員研修会 開催助成金支給制度〔要項〕

1.助成対象 龍谷総合学園加盟校の教職員を対象とした宗教教育研修会

2.助成条件 1)各学園主催として年間3回以上開催すること
        ただし、学校単位で年間3回以上の開催が可能な場合は学校単位での申請も可とする

      2)御同朋の社会をめざす運動(実践運動)、同和・人権教育(カルト問題対策を含む)、
        その他宗教教育の推進を目的とすると認められるものをテーマとする研修会であること
      3)内容・講師選任については、各学園に一任(学内関係者でも可)

3.助成内容 100,000円〔年間/各学園(学校) 一律〕


4.事務手続 1)助成金申請書(添付データ①)を提出する。

      2)3回とも実施日が確定している場合は、申請書の提出をもって助成金支給とする。
        ただし、申請書提出の時点で実施日が不確定の場合は、確定次第の支給とする。
      3)研修会実施後、実施内容報告書(添付データ②)を提出する。
  
※外部講師出向にかかる交通費については、龍谷総合学園「本部講師派遣制度」の適用可能(要別途申請)。

 助成金申請書 (添付データ①)

 実施内容報告書 (添付データ②)

「学生・生徒数報告書/教職員数報告書」書式データ

先般、社会部<宗教教育担当>発公文書第13号にてご依頼いたしました
学生・生徒数並びに、教職員数報告にかかる書式は次のExcelデータをご利用ください。

④学生・生徒数報告書

⑤教職員数報告書

※いずれも計算式が組み込まれておりますので、ご注意ください。

提出締切は5月15日(金)とさせていただいておりますが、
上記④⑤に関しては、誠に勝手ながら、人数確定次第お早めのご提出をお願いいたします。

≪重要≫ 新型コロナウイルス感染症の影響に伴う各種事業の取り止めについて

今般、国内はもとより世界規模で甚大な被害をもたらしております新型コロナウイルス感染症の影響に伴い、
龍谷総合学園における2020(令和2)年度上半期の事業を、別紙一覧の通り、取り止めとさせていただきます。

学生・生徒をはじめ、教職員、保護者の皆さま方の健康と安全面を第一に優先した結果でございますので、
ご理解とご協力のほど、よろしくお願い申しあげます。

なお、下半期の事業につきましては、現在のところ実施予定ですが、今後の感染症の動向により、
取り止めとなる可能性がございますので、あらかじめご了承ください。

2020(令和2)年度 取り止め事業一覧

2020(令和2)年度 事業計画 (下半期)

「仏教×SDGs 2019」 夏期交流学習 提出書類(書式ダウンロード)

「仏教×SDGs 2019」夏期交流学習 参加にかかる提出書類

  エントリーシート

  引率教員交流会 事前アンケート

 ※書式をダウンロードいただき、データ入力のうえ、龍谷総合学園事務局宛にメールにてご返信ください。

 ◆事務局メールアドレス kyoiku@hongwanji.or.jp

 提出期限:2019(令和元)年7月29日(月)

龍谷総合学園 ロゴマークについて

このたび、龍谷総合学園のロゴマークが完成しました。

「RYUKOKU  SOGO  GAKUEN」の頭文字「RSG」が1つに繋がることで、
大きな学校グループであることを示しています。

また、「R」と「S」は合掌する手の形をイメージし、
多くの学生や生徒の皆さんが、未来へ飛躍していくよう願いを込めて、
「G」は上向きの矢印で表現しています。

このロゴマークは、どなたでも自由にご使用いただくことができますので、
各校の印刷物やホームページなど、様々な用途にどうぞご活用ください。

ロゴマークのダウンロードはこちらから
 ⇒ ①縦バージョン(カラー) / ②横バージョン(カラー)

   ③縦バージョン(モノクロ) / ④横バージョン(モノクロ)