事務局からのお知らせ

本部講師派遣制度について

龍谷総合学園では、各加盟学園において教職員・学生・生徒・保護者会を対象とした宗教教育に関する研修会の一助として、
下記要項の通り、講師招聘にかかる交通費の助成を行っておりますので、積極的にご活用ください。

◆本部講師派遣制度〔要項〕

1.目 的
 龍谷総合学園加盟校において開催される教職員・学生・生徒・保護者会を対象とする研修会等の講演講師紹介、
 及びその交通費助成を行うことにより、各加盟校の宗教教育がより推進されることを目的とする。

2.内 容
 ①助成条件について
  
・本制度での交通費支給の対象は、(1)御同朋の社会をめざす運動(実践運動) 、(2)同和・人権教育(カルト問題対策を含む)、
   
(3)その他宗教教育の推進を目的とすると認められるもの をテーマとする研修会に限る。

  ・講師を申請校で選任する場合も本制度の交通費助成は適用されることとする。

  ・申請校内部の講師については、本制度の適用外とする。

 ②講師の紹介について
  ・学園の要請に基づき講師を事務局より紹介する。

  ・講師決定後は、申請校がすみやかに講師へ日程詳細の連絡をする。

 ③交通費助成の申請手続について
  ・所定の申請用紙に必要事項を明記のうえ、龍谷総合学園事務局宛に送付する(原則として研修会開催の1ヵ月前に申請すること)。

  ・講師が当日使用する経路について、資料等があれば添付すること。

 ④交通費金額の算出について
  ・交通費は、原則として講師自宅の最寄り駅より会場の最寄り駅までの往復料金とする。

  ・交通費は、原則として講師が実際に使用する経路の鉄道の乗車料金・特急料金・グリーン料金を算出する。

  ・特に必要な場合は、バス料金を算出する。

  ・北海道所在の学園へ道外在住の講師が出向する場合、及び北海道所在以外の学園へ道内在住の講師が出向する場合は
   航空運賃を算出する。

 ⑤交付方法について
  交通費は、龍谷総合学園事務局より申請校指定の口座への銀行振込にて交付する。

3.その他
 講師への謝礼については申請学園の負担とする。

本部講師派遣申請書

宗教教育教職員研修会 開催助成金支給制度について

龍谷総合学園では、各加盟学園において教職員を対象とした宗教教育研修会の開催を推進しています。
下記要項の通り、研修会を開催された学園に対して助成を行っておりますので、積極的にご活用ください。

◆宗教教育教職員研修会 開催助成金支給制度〔要項〕

1.助成対象 龍谷総合学園加盟校の教職員を対象とした宗教教育研修会

2.助成条件 1)各学園主催として年間3回以上開催すること
        ただし、学校単位で年間3回以上の開催が可能な場合は学校単位での申請も可とする

      2)御同朋の社会をめざす運動(実践運動)、同和・人権教育(カルト問題対策を含む)、
        その他宗教教育の推進を目的とすると認められるものをテーマとする研修会であること
      3)内容・講師選任については、各学園に一任(学内関係者でも可)

3.助成内容 100,000円〔年間/各学園(学校) 一律〕


4.事務手続 1)助成金申請書(添付データ①)を提出する。

      2)3回とも実施日が確定している場合は、申請書の提出をもって助成金支給とする。
        ただし、申請書提出の時点で実施日が不確定の場合は、確定次第の支給とする。
      3)研修会実施後、実施内容報告書(添付データ②)を提出する。
  
※外部講師出向にかかる交通費については、龍谷総合学園「本部講師派遣制度」の適用可能(要別途申請)。

 助成金申請書 (添付データ①)

 実施内容報告書 (添付データ②)

「学生・生徒数報告書/教職員数報告書」書式データ

先般、社会部<宗教教育担当>発公文書第15号にてご依頼いたしました
学生・生徒数並びに、教職員数報告にかかる書式は次のExcelデータをご利用ください。

④学生・生徒数報告書

⑤教職員数報告書

※いずれも計算式が組み込まれておりますので、ご注意ください。

提出締切は5月14日(金)とさせていただいておりますが、
上記④⑤に関しては、誠に勝手ながら、人数確定次第お早めのご提出をお願いいたします。

仏飯米進納式 ≪龍谷大学 農学部≫

龍谷大学農学部の学生・教職員の皆さんが12月22日に本山参拝され、仏飯米進納式が御影堂で執り行われました。
持続可能な食の循環を考え、地域に貢献できる研究・教育を目指す「持続的な食循環プロジェクト」に取り組む同学部の学生の皆さんが、
種まきから精米までを行った『龍谷米』を仏飯米としてご進納いただきました。

今年はうるち米やもち米に加え、大津市牧地区の同学部牧農場および、同地区農事組合法人ふぁーむ牧が収穫した国産大豆と近江米を使用し、
創業230年を超える老舗味噌屋(株)石野味噌(京都市下京区)と共同開発したオリジナル白味噌も進納いただきました。
龍谷米や味噌は、本願寺並びに特別養護老人ホーム「ビハーラ本願寺」「西本願寺白光荘」「本願寺ウィスタリアガーデン」の各施設にて、
大切に活用させていただきます。ご進納ありがとうございました。

龍谷ミュージアム パネル展 ≪岡山龍谷高等学校≫

本山前にある仏教総合博物館「龍谷ミュージアム」では、企画展「ほとけと神々大集合 ―岡山・宗教美術の名宝―」が開催されています。
岡山県内の寺社に伝わる曼荼羅や仏像など、豊かな宗教文化を育んできた、かつての「吉備国」の貴重な文化財が展示されています。
それに合わせ、龍谷総合学園加盟の岡山龍谷高等学校(岡山県笠岡市)の生徒たちが、展示品を所蔵する地元寺社の紹介ポスターを作成、
館内にパネル展示されています。

 

生徒たちは夏休み期間ににグループに分かれて寺社を訪れ、住職や宮司などに取材を行いました。
地元といえどもそのほとんどが初めての参拝となった生徒たちは、自分たちが感じた驚きや感動を1人でも多くの人に味わってもらおうと、
写真や文字などのレイアウトを何度も再考して完成させました。
開基や創建、アクセス方法といった寺社の基本情報はもちろんのこと、近くの観光スポットやうどん屋さんなどのグルメ情報まで
幅広く紹介されています。
瑞々しい感性で彩られた高校生たちのパネル展示を、同ミュージアムの企画展とともに、ぜひ一度ご観覧ください。

[pdf id=1472]

「龍谷大学 ジェンダーと宗教研究センター」創設記念シンポジウム ≪お知らせ≫

龍谷総合学園加盟の龍谷大学(入澤崇学長=龍谷総合学園理事長)は、宗教研究の知見からジェンダー平等の実現に取り組むべく、
「ジェンダーと宗教研究センター(GRRC)」を今年4月に新設しました。

ジェンダーを基軸とした宗教研究の拠点としては日本初となる同センターの創設記念シンポジウムが、11月6日にオンラインにて
開催されます。同じく龍谷総合学園加盟の京都女子大学 竹安栄子学長による基調講演のほか、竹安学長や入澤学長を交えての
ディスカッションが予定されており、同センターでは龍谷総合学園加盟の大学生をはじめ、高校生にも広く参加を呼びかけています。
詳細は龍谷大学HPをご覧ください。

龍谷大学HP(ジェンダーと宗教研究センター創設記念シンポジウムについて)

[pdf id=1436]

「第40回 千鳥ヶ淵全戦没者追悼法要」について ≪報告≫

戦争によって尊いいのちを失われたすべての方々を追悼し、平和への決意を確認するため、
「第40回 千鳥ヶ淵全戦没者追悼法要」が9月18日(金)、東京・国立千鳥ヶ淵戦没者墓苑にて
お勤めされました。

戦後75年にあたる本年は、新型コロナウイルス感染症の影響に鑑み、参拝者の安全を最優先し、
関係者のみでお勤めされましたが、当日の模様は「YouTube」にてライブ配信されました。

また、法要に際し、次世代を担う青少年たちに「平和」について考えてもらうため、
「いのちの尊さ」「非戦・平和の大切さ」をテーマとした作文が募集されました。
全国の宗門関係学校23校より寄せられた45作品の中から最優秀・優秀作文が選ばれ、
朗読と表彰式が行われました。

【最優秀】
  中学生の部 敬愛中学校  安達 千紗さん「世界で一番美しい言葉を」 (PDF)
  高校生の部 相愛高等学校 中馬 朋香さん「儚いいのち」 (PDF)
 
【優 秀】
  中学生の部 龍谷大学付属平安中学校  犬田 直斗さん「いのちが持つチカラ」
        相愛中学校        堂下 絢加さん「鏡の心を持つ」
        崇徳中学校        保田 勇輝さん「私たちにできること」
  高校生の部 国府台女子学院高等部   島袋 愛弓さん「笑って、許す。」
        龍谷大学付属平安高等学校 辻井 花音さん「平和の大切さ」
        相愛高等学校       塚田 乃慧さん「私の生きる道」

 
詳細は浄土真宗本願寺派HP内の特設ページをご覧ください。