学園トピックス

「PBA留学プログラム」スタートしました!

今年で2回目となる「PBA留学プログラム」が8月1日から6週間の日程で始まりました。
加盟高校13校から参加した高校生21名は、ハワイの加盟校Pacific Buddhist Academyで、
学びを深めるとともに、ホームステイによる生活をスタートさせました。

  

本願寺ハワイ別院の本堂でプログラム開講式を行った高校生たちは、
フィールドスタディーとしてオアフ島東海岸のマカパウなどを見学。
8月5日からは授業が本格的に始まり、PBAの生徒たちと一緒に学びを深めています。

⚾️龍谷大平安二回戦、勝利!ベスト8へ-センバツ甲子園❗ 「怪しいボレロ」評判に。

センバツ高校野球第7日第2試合、2回戦。澄み渡る連日の快晴の中、龍谷大平安(京都)-盛岡大付(岩手)、龍谷大平安が9-1で勝利、ベスト8に進出しました。準々決勝は3月31日(日)の予定です。

応援団のチャンステーマ「怪しいボレロ」が話題に。テレビニュースでも取り上げられました。

皆様、応援ありがとうございました! センバツ高校野球2019結果

「石山 惠然」〜金子澄之助奨学生 「将来は研究者の道に」〜

本願寺派教学助成財団の「金子澄之助奨学生」に選ばれた龍谷大学文学部真宗学科3年生。「『立派な僧侶に』という金子さんの篤志に応えら
れるよう、親鸞聖人のみ教えを私自身のいのちの依りどころとして、より一層研さんにいそしみたい」。
 山口県上関町・善徳寺衆徒 。「お寺の次男に生まれたが、幼少の頃から両親やご門徒の方々に僧侶として歩むようお育てをいただいた」。大学では「講義を受けるだけでなく、自ら積極的に学ぶ姿勢を」と毎日、『教行信証』を読んでいるという。
 「今まで、私にとって親鸞聖人はあまりに偉大で遠い存在だったが、お聖教に触れる中で、とても身近で人間味あふれた方と感じるようになり、研究意欲がかき立てられた。卒業後は大学院へ進んで、教学全般を広く学び、将来は研究者としての道を歩みたい」と熱く語った。21歳。

(本願寺新報 2月10日号より転載)

「先端理工学部開設」〜2020年 龍谷大〜

宗門校の龍谷大学は、理工学部(滋賀県大津市)を改組し、2020年4月から「先端理工学部」を開設することを発表した。今年4月に文部科学省に設置届出を提出する予定。
 学生は必修科目と、「先端環境モニタリング」「人工知能」「航空宇宙」など25の選択科目から幅広く学ぶ。
 1年間の学習期間は4期の「クオーター制」を導入。3年生の第2期(6〜8月)には、インターンシップ(就業体験)や海外留学、ボランティアなどの長期プログラムに参加しやすい環境を作る。

(本願寺新報 2月1日号より転載)

⚾️龍谷大平安 いざ甲子園❗️

宗門校の龍谷大学付属平安高校(京都市下京区)が第91回選抜高校野球大会(春の甲子園)に出場する。
 1月25日夕、多くの報道関係者や保護者が見守る中、出場決定の知らせを受けた硬式野球部の生徒たちは喜びを爆発させた。水谷祥平主将(2年)は「日本一に向けて気を引き締め、凜りんとした平安の姿を甲子園で見せたい」と決意表明。原田英彦監督が「春2回目の全国優勝を目指してほしい」と激励した。
 春のセンバツは平安高校時代を含め41回目で全国最多。2014年には念願の初優勝を飾っている(夏の選手権は優勝3回)。大会は阪神甲子園球場(兵庫県西宮市)で3月23日に開幕する。 

(本願寺新報 2月10日号より転載)