龍谷総合学園の事業

龍谷総合学園第38回管理職(事務)協議会【大学部門】
第3回学園運営事務リーダー研修会【高校他部門】

【趣 旨】龍谷総合学園加盟学園における建学の精神の具現化について協議と連携を深め、
     地域に根ざした特色ある学園づくりを推進する。
【協議会テーマ】大 学 部門:人口減少期における大学経営について
        高校他部門:学校事務のIT化と学校経営への参画について
【期 日】2018(平成30)年11月7日(水)~8日(木)
【会 場】札幌龍谷学園・モントレエーデルホフ札幌
【当番校】札幌龍谷学園
【講 演】講師:久蔵 宏幸さん  ㈱ファムライク代表取締役ITコーディネータ
     講題:『学校現場でのICT導入と情報セキュリティについて』
【参加者】32名 [大学部門]龍谷総合学園加盟学園の事務管理職
 [高校他部門]龍谷総合学園加盟学園の学校運営に携わる中堅の事務職員(管理職を除く)

第54回 龍谷総合学園 学校保護者会連合会 総会

【趣 旨】龍谷総合学園加盟校の運営円滑化と連携並びに宗教教育の振興充実に
     寄与することを目的とする。
【期 日】2018(平成30)年10月4日(木)~5日(金):前日に理事会開催
【会 場】本願寺小樽別院、グランドパーク小樽
【当番ブロック】北海道ブロック(北海道龍谷学園)
【講 演】講師:姜 暁艶(二胡奏者・医学博士)
     講題:「百色百光~二胡から響け~」
【内 容】総会審議、記念講演、現地研修、全体協議会等
【現地研修】ニッカウヰスキー北海道工場 余市蒸留所
【参加者】153名(龍谷総合学園加盟校 保護者会会長・役員)

以下次年度について
【第55回保護者会連合会総会開催 期日他】平田学園 2019年11月14日(木)~15日(金)
【2019年度 協議会キーワード】「慈(いつく)しみ ~支えたい人はいますか?~」
※上記キーワードを基に、各校において独自のテーマを設定のうえ、宗門校の魅力について自由に語り合っていただきたいと存じます。
各校の協議会が仏教、浄土真宗のみ教えに触れるきっかけとなることを願っております。

龍谷総合学園 第40回大学・短大宗教教育連絡協議会

【趣 旨】龍谷総合学園加盟学園大学・短大の宗教教育の実践について、協議と連携を深め、
     建学の精神のより一層の推進をはかること。
【協議会テーマ】「宗門関係大学における宗教教育について」
【期 日】2018(平成30)年9月6日(木)~7日(金)
【会 場】京都女子大学・京都東急ホテル・比叡山延暦寺
【当番校】京都女子大学
【講 演】講師:濱﨑 由紀子(京都女子大学現代社会学部教授)
     講題:「精神医学と仏教」
【現地研修】比叡山延暦寺 常行堂・法華堂・国宝殿・大講堂参拝、藤波源信大阿闍梨の講演
【参加者】15名 (大学・短大宗教教育担当者及び教職員)

龍谷アドバンストプロジェクト2018

【期 日】2018(平成30)年8月21日(火)~23日(木) 
【会 場】龍谷大学、京都女子大学、聞法会館
【参加者】e-Learning教育受講者(レポート提出者数)307名・100グループ(高校21校) 夏期交流学習参加者119名 (高校生83名、大学生サポーター15名、引率教員21名)
【協力大学】龍谷大学、京都女子大学、武蔵野大学(3大学)
【提供科目】 
「仏教」、「法学」、「経営」(e-Learning教材計3科目を提供)
○「仏教」・・・『見方を変えれば「世界」が変わる』
<提供:龍谷大学 文学部 野呂 靖 准教授>
○「法学」・・・『法的に考える』
<提供:京都女子大学 法学部 桜沢 隆哉 准教授>
○「経営」・・・『プロモーション戦略を考えよう』
<提供:武蔵野大学 経済学部 積田 淳史 准教授>

2018年 最優秀賞
<仏教> 北陸高等学校 “奥田 深優 ベロワ マリヤ 達山 未帆”
 タイトル 「偏見のない社会へ」
<法学> 武蔵野女子学院高等学校 “五十嵐 えり 海老澤 未優 渡邊 彩花”
 タイトル 「ひとつのカタチ」
<経営> 筑紫女学園高等学校 “古瀬 悠希 佐藤 亜樹”
 タイトル 「日本の音楽を守りたい」

2018年 優秀賞
<仏教> 東九州龍谷高等学校 “岩丸 桜咲 新田 真心 東陽 晃龍”
 タイトル「なぜ自殺をしてはいけないのか?」
<法学> 相愛高等学校 “小澤 愛 山﨑 乃碧 中嶋 亜衣莉 内藤 愛美”
 タイトル 「「知らない」「選べない」「世間体」~夫婦別姓をもっと身近に~」
<経営> 兵庫大学附属須磨ノ浦高等学校 “和田 薫奈 長谷川 桃香 矢野 薫子”
 タイトル 「女子校のすすめ」

第66回 宗教教育研修会

【期 日】2018(平成30)年8月3日(金)~5日(日) ※2泊3日
【会 場】本願寺・聞法会館
【参加者】92名(対象:龍谷総合学園加盟高校2年生)※PBA生徒4名含む
【テーマ】「みつめよう ともにあゆむ『道』」
【主な内容】1日目:開会式、学校紹介、基調講演、勤行練習、生活班会議(主に翌日の聖夜のつどいでのレクリエーション)
      2日目:ご旧跡参拝(比叡山)、協議会。聖夜の集い
      3日目:晨朝参拝、お斎、書院拝観、全体会・まとめ、閉会式
【講 師】
 基調講演 横尾 美智代(西九州大学教授)
 講  題 「ネパールの豊かさ・日本の豊かさ」

第51回宗教教育研究会(第1・2分科会)

【趣 旨】龍谷総合学園加盟校としての宗教教育の具現化を図る
【開催テーマ】「現代社会に即応する宗教教育をめざして」
【期 日】2018(平成30)年8月3日(金)~5日(日) ※2泊3日
【会 場】本願寺・京都東急ホテル(研究会場・宿泊)
【講 師】
 <第1・第2分科会>
  ・記念講演:丘山 願海(浄土真宗本願寺派 総合研究所 所長)
    【講題】 「ご親教「念仏者の生き方」に学ぶ」
  ・基調講演:第1分科会 季平 博昭(備後教区御調東組法光寺住職/元龍谷大学講師)
              道元 徹心(龍谷大学教授)
              福本 康之(宗派総合研究所 仏教音楽・儀礼研究室長)
  ・特別講演:第1分科会 藤波 源信(北嶺大行満大阿闍梨)
  ・講  義:第2分科会 伊藤 翔平(ビハーラ本願寺施設統括部長)
              花岡 尚樹(あそかビハーラ病院 院長補佐)
  ・研究授業:第2分科会 敬徳高等学校 小西 尭宣
【分科会テーマ】
  ・第1分科会:「宗教教育の大切さを学ぶ」
  ・第2分科会:「主体的な学びを通した宗教的情操教育のあり方」
【課外研修】
 <第1分科会>
  ・比叡山延暦寺 根本中堂、国宝殿、常行三昧堂の拝観、釈迦堂にて道元教授の基調講演、大阿闍梨の特別講演
 <第2分科会>
  ・ビハーラ本願寺、あそかビハーラ病院 伊藤統括部長、花岡院長補佐の講義、施設見学
【参加人数】
第1・第2分科会 47名〔新任教員・未参加者(第1分科会)28名、宗教科担当教員(第2分科会)19名〕

第44回本願寺派関係学校同和教育研究会

【趣 旨】宗門の推進する「御同朋の社会をめざす運動(実践運動)」を基盤に、
     本願寺派関係学校における人権教育の現状と課題について研究討議する。
【テーマ】「御同朋の社会をめざす運動(実践運動)と人権教育のあり方」
     <第44回研究テーマ>「障害者への差別といのち」
【期 日】2018(平成30)年6月14日(木)~16日(土)
【会 場】本願寺・社会福祉法人 桃山学園・社会福祉法人 慶徳会 他
【講 演】
 基調講演① 講師:坂川 裕野(NHK青森放送局ディレクター)
       講題:「障害と共に生きる」
 基調講演② 講師:髙石 伸人(NPO法人 ちくほう共学舎 虫の家)
       講題:「生マレテハイケマセンカ?~相模原事件から問われていること~」
 基調講演③ 講師:森 達也
       講題:「世界はもっと豊かだし、人はもっと優しい」
【現地研修】社会福祉法人 桃山学園、社会福祉法人 慶徳会
【参加者】32名(宗門関係学校教職員、中央仏教学院講師、推進委員)

宗祖降誕奉讃法要

【趣 旨】1963(昭和38)年に制定された宗祖降誕奉讃法要に龍谷総合学園加盟高校より高校生による讃歌衆を結成。指導者のもと練習をかさね、翌日の法要に讃歌衆として参拝。また、龍谷総合学園加盟校の生徒、中央仏教学院生徒がこの法要に参拝し、ともにお念仏の有り難さに触れる。
【期 日】2018(平成30)年5月20日(日)・21日(月) 1泊2日
【場 所】本願寺・聞法会館
【講 師】指揮者:大分 哲照(平成27年度「宗祖降誕奉讃法要」指揮者)
     伴奏者:西村 祐利子(滋賀教区寺族婦人コーラス『響流』オルガニスト)
【参加者】80名

第51回宗教教育研究会(第3分科会)

【趣 旨】龍谷総合学園加盟校としての宗教教育の具現化を図るうえから
    「宗祖降誕奉讃法要(音楽法要)」を通し、宗教儀礼について研鑽を深める。
【開催テーマ】「現代社会に即応する宗教教育をめざして」
【期 日】2018(平成30)年5月20日(日)・21日(月)1泊2日
【会 場】本願寺・聞法会館(研究会場・宿泊)
【講 師】仏教音楽儀礼研究室長 福本 康之
     弓馬術礼法小笠原教場 小笠原流礼法 第三十一世宗家 小笠原 清忠
     講題:作法の心を学ぶ
【分科会テーマ】「儀礼・作法の基礎と心を学ぶ」
【参加人数】22名(生徒讃歌衆引率教員)

龍谷総合学園学校保護者会連合会 第6回 御正忌本山参拝研修会

浄土真宗のみ教えを建学の精神とした国内23学園からなる龍谷総合学園 学校保護者会連合会の事業計画のもと、各学校保護者会が本研修会を通し、本山の御正忌報恩講 法要参拝を機縁に浄土真宗のみ教えにふれ、教員や学生・生徒たちと一体となり宗教教育の振興充実に努めることを目的として隔年の開催をいたしております。本来であれば2016年度開催でありますが、2016年度保護者会連合会総会におきまして伝灯奉告法要参拝を兼ねて本願寺へご参拝いたしました都合上、1年を空けまして、2017年度開催といたしました。
今年度は例年通り、御正忌報恩講逮夜法要に参拝したのち、希望者のみ書院や龍谷ミュージアムを見学いたしました。記念講座では、相愛大学の田末勝志先生より、講演をいただきました。実際に仏教讃歌を歌いながら、歌詞の味わいを深め、講題の通り仏教讃歌を味わう講演となりました。翌日はお晨朝参拝、ご旧跡参拝と、親鸞聖人のみ教えに触れる一日となりました。

【期 日】2018(平成30)年1月10日(水)~11日(木)
【会 場】本願寺、聞法会館、京都東急ホテル
【講 演】講師:田末 勝志(相愛大学非常勤講師)、藤林 由里(「奉讃伝灯作法」伴奏者)
     講題:「仏教讃歌からの誘い~聴いて・歌って・味わう~」
【ご旧跡参拝】知恩院、青蓮院
【参加者】68名 (龍谷総合学園加盟校 保護者会会長・役員)